米陸軍、余剰ホロサイトをピストルに活用

beretta552

米陸軍は余剰ホロサイトを活用するため、サイドアームであるM9ピストルにEOTech552を搭載することを決定しました。

2013年までに約40,100セットのホロサイトが未使用のままであることを重く見た国防総省は、新たにピストル用グリップマウントを採用し、余剰ホロサイトの有効活用とピストルの有効射程距離延伸を目的としたプログラムをスタートさせました。



ピストル用として広く利用されているスライド搭載型小型ダットサイトは軍用として耐衝撃性が問題視され、スライドに直接搭載しないことを条件に余剰EOTech552モデルが選ばれた背景があります。

一方、韓国政府は声明で「韓国軍のK11ライフルと非常に類似点が多い。」と不快感を示し、日本政府に対し謝罪と賠償を要求する模様。

 

ソース: Abundant Holographic Weapon Sights in the U.S. Military 

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)