S&W M686とパナマ侵攻について

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 S&W M686とパナマ侵攻について

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #37694

    ポル
    キーマスター

    メディアガン・データベースというサイトで「パナマ侵攻の際シールズの隊員でS&W M686とスピードローダーを携行していた隊員がいた事が書籍で明らかになっている」と書かれていましたが本当でしょうか?

    また、本当だとしたらなぜ携行していたと思われますか?
    またシールズの緊急キッドにもS&W M686が入っていると言われていますが本当でしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    緊急キットに入っているかは不明ですが、パナマ侵攻時にM686を携行した隊員がいたのは本当です。私も本で読んだことがあります。

    敵の船を沈没させるのが任務で、通常は船底に磁力で爆弾を張り付けますが、対象の船底がアルミだったため、代わりに大量のC-4を詰め込んだバッグを利用して船底の下に潜水し時限爆弾を仕掛けるという内容でした。
    その際の装備品が、S&W M686、スピードローダー2個、ナイフ、ダイビングギア、キャンティーン、現金、・・・といった軽装で、任務が失敗したら装備を捨てて逃げるのが前提の装備です。

    S&W M686が発表されたのは1980年ですが、シールズ(SEAL TEAM6)が採用したのは1984年だと言われています。
    シールズはこの他にもS&WのリボルバーでM15、M36、M66などを使用しています。いずれも80~90年代のことですが、当時は鉛の代わりにロウを使用したワックスブレットでCQBトレーニングを行っており、リボルバーをトレーニング目的に使用していました。ピストルでワックスブレットを使用すると高確率でジャムりますが、リボルバーではその心配はありません。

    通常、装弾数の少ないリボルバーが実際の作戦で使用されることはありませんでしたが、パナマ侵攻時の様に水中から上陸する任務ではステンレス製リボルバーのM686が使用されることもあったようです。
    これは水中から取り出しても直ぐに発射でき、ジャムの心配がないというのが理由です。




1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。

過去記事(ランダム表示)