10mm auto弾使用で成功した拳銃は存在する?

ホーム フォーラム 実銃掲示板 10mm auto弾使用で成功した拳銃は存在する?

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。3 ヶ月、 3 週間前に  オク さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #42070 返信

    オク

    10mm auto弾使用で、デルタエリートのように破損することなく、またジャムが頻発することもなく、成功したといえる拳銃はあるのでしょうか?

    #42071 返信

    ポル
    キーマスター

    何を基準に「成功」と呼べるのかは相対的な問題かもしれませんが、10mmオートは高圧な弾薬なため、弾薬を大量消費すると9mm~.45ACPと比較してパーツの消耗が激しいといえます。
    具体的には、.45ACPが発生させる圧力は高くても23,000 PSI(SAAMI)ですが、10mmオートは37,500 PSI(SAAMI)以下です。
    高圧になればパーツへの負荷も大きくなりがちです。

    あくまで「相対的に高圧で消耗が激しい」という傾向があり、「10mmオート=不具合が起こる」というものではありません。

    現在でも10mmオートのピストルは製造されており、キンバー、グロック、パラUSA、STI、S&W、SIG、RIA、ナイトホーク、ダンウェッソン、タンフォグリオ、ウィルソンコンバット、EAA・・・等々、優秀な10mmオートピストルは多数存在します。

    代表的なモデルでは、キンバーカスタムTLEII、グロック20/29/40、パラUSA1911、SIG P220、ナイトホークカスタム1911などはメジャーではないでしょうか。

    #42072 返信

    オク

    ありがとうございます。
    優秀なものもあるのですね。調べてもなかなか見つからなかったので。




3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 10mm auto弾使用で成功した拳銃は存在する?
あなたの情報:




過去記事(ランダム表示)