鋼板に命中した徹甲弾はどう変形しますか?

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 鋼板に命中した徹甲弾はどう変形しますか?

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 週間、 3 日前 ポル さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #37716

    ポル
    Keymaster

    5.8x21mm DAP92弾に5.45x39mm弾や、スチールコアの9x19mmパラベラム弾で、厚さ10cmの焼き入れした鋼板を撃つと、鋼板と弾はどう変形しますか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    AP(徹甲)ライフル弾であっても、厚さ10cmの鋼板を貫通することは不可能です。
    この場合、鋼板の表にはクレーターが形成され、裏側に変化はないでしょう。

    実際のクレーターの大きさや深度は撃ってみなければ分かりませんが、弾速や弾頭重量から予測して恐らく、

    5.45x39mm > 5.8x21mm DAP92 > 9x19mm

    ・・・となるのではないかと思います。

    AP弾のコアは種類によって、未処理のスチール、硬化処理されたスチール、タングステンなど、弾薬の種類によって材質が異なります。
    コアの硬度によって変形することもありますが、硬いコアの多くは原形をとどめます。
    硬化処理されたコアは非常に硬度が高いので、それ以上の硬度を持つターゲットでなければターゲット側にはクレーターが形成されます。

    以下の画像が参考になるかもしれません。

    厚さ約1cmのスチールプレートに命中した様子1

    厚さ約1cmのスチールプレートに命中した様子2

    スチールプレートに命中したルーマニア製スチールコア(ライフル弾)

    スチールプレートに突き刺さったスチールコアの弾頭

    一般的にAP弾は銅合金のジャケットの下に鉛のコアがあり、その中心に硬いコア(ペネトレーター)が配置されています。弾は着弾と同時に鋼板に突き刺さって停弾することもありますが、コアとジャケットが分離することもあります。
    どのような結果になるかは、着弾時の弾速、角度、弾頭の種類、コアの硬度、ターゲットの硬度など、様々な条件によって異なります。

    関連記事:チタンを撃つとどうなる?




1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。

過去記事(ランダム表示)