ロングリコイルスプリングガイドの役目

ホーム フォーラム 実銃掲示板 ロングリコイルスプリングガイドの役目

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2 ヶ月前に  ゆうた さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #36849 返信

    ゆうた

    またお世話になります。
    第二次世界大戦の頃に使われていたメジャーなオートでロングリコイルスプリングガイドを使用していたのはベレッタ1934くらいだと思います。
    しかし近年、というかもうほとんどのオートでロングリコイルスプリングガイドが使用されています。
    リコイルスプリングガイドを長くすることに何か意味があるからそうしてるのだとは思いますが、私にはその理由が思いつきません。
    できましたらお教えいただけると幸いです。

    #36851 返信

    ポル
    Keymaster

    メジャーではありませんが、古い銃だと、ブローニングM1900、ハンガリーのFEG M37、ポーランドのラドムP35、SIG P210などもロングリコイルスプリングガイドが備わっていますね。

    リコイルスプリングガイドはリコイルスプリングが内部で捻じれることを防ぎ、スムーズにスライドが動けるようにして作動の信頼性を向上させる目的があります。
    スライドがスムーズに動けばジャムの確率も減るのでメリットがあります。

    #36852 返信

    ゆうた

    ポルさん、いつもありがとうございます。
    そうですか、ロングリコイルスプリングガイドを使うとスライドの作動がスムーズになるのですか。
    それなら現代機種にはぜひ搭載しておきたいですね。




3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: ロングリコイルスプリングガイドの役目
あなたの情報:




過去記事(ランダム表示)