リボルバーとオート拳銃の信頼性について

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 リボルバーとオート拳銃の信頼性について

このトピックには2件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #36945

    ポル
    Keymaster

    リボルバーとオート拳銃の信頼性について質問があります

    近年の技術の向上でオート拳銃の信頼性は飛躍的に高くなっていますが、オート拳銃の信頼性はリボルバーを凌駕した、または同等になったと思われますか?
    それとも信頼性という点ではまだリボルバーにアドバンテージがあると思われますか?
    ちなみに、ここで言う信頼性とは「どんな状況でもトリガーを引けば必ず弾が発射され、その後もトラブルが起きない」という事でお願いします。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    モデルによって信頼性が異なりますが、カテゴリー別で見た場合、ピストルがリボルバーを凌駕、または同等になったとは言えないと思います。
    トリガーを引いて弾が発射されるという確実性は、まだまだリボルバーにアドバンテージがあります。リボルバーのジャム率はゼロではありませんが、ピストルと比較すると確率はかなり低いといえます。

    ただ、ピストルには、装弾数、速射性、リロードの速さなど、様々な利点があるため、銃を選択する際にはそれらを全て考慮して総合的に判断する必要があると思います。

    #36957

    ポル
    Keymaster

    リボルバーの信頼性について質問があります

    先日の質問でリボルバーの信頼性について、「トリガーを引いて弾が発射されるという確実性はまだまだリボルバーにアドバンテージがある。」「リボルバーのジャムはピストルと比較すると確率はかなり低い」と回答して下さりましたが、その理由は何でしょうか?
    オート拳銃とのメカの違いなどでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    リボルバーは機械的かつ安定的に次弾を発射可能な状態に配置しますが、ピストルは火薬の燃焼によるガス圧とスプリングに頼った装填と排莢を行うため、相対的に不具合が起きやすいという構造的問題があります。

    ジャムの原因は一つとは限らず、様々な要因によって発生します。
    弾薬不良によるガス圧不足、ショートバレルによるガス圧不足、マガジンやマガジンリップの変形、マガジンスプリングのヘタリ、リコイルスプリングのヘタリ、不適当なグリップ、不適当な弾頭形状、弾頭重量不足、スライド不良、カーボンの付着、エキストラクター不良、チャンバーの過熱・・・等々、原因は様々です。
    こういった多くの問題はリボルバーでは起き難く、これがピストルよりリボルバーの方がジャム率が低い理由です。

    #36961

    ポル
    Keymaster

    リボルバーの信頼性についてまた質問があります

    管理人さんは次弾について回答して下さりましたが、初弾の場合はどうなのでしょうか?
    初弾を撃つ際もトリガーを引くだけで確実に弾が出るという点のアドバンテージはオート拳銃よりあるのでしょうか?
    リボルバーが初弾もトリガーを引くだけで確実に発射される事にオート拳銃よりアドバンテージがあるなら、その理由も教えて下さい。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ダブルアクションで撃つとき、ピストルではトリガーを引くとハンマーが起き上がり、落ちて撃発します。そしてリボルバーではハンマーが起き上がって落ちる間にシリンダーが回転し撃発します。
    もしリボルバーのシリンダーやメカに不具合があれば、初弾でジャムが起こるかもしれません。シリンダーストップが正常に作動せず、シリンダーが定位置で止まらなかったため、撃発時にフレームとシリンダーが吹き飛んだという例もあります。
    しかし、こういった事例は非常に稀で、日常的に作動をチェックしてクリーニングしていれば防げる可能性が高い不具合です。

    一方、ピストルでも、ファイアリングピン/ストライカーやファイアリングピンブロックなどに不具合があれば撃発に失敗する可能性があります。

    初弾のジャムとなればカテゴリーの差よりも個体差や弾薬の質が原因となることが多いので、ピストルとリボルバーのどちらが確実かは一概に言えないでしょう。




3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。

過去記事(ランダム表示)