法執行機関での自動小銃(アサルト、カービンライフル)の各種扱いについて

ホーム フォーラム 実銃掲示板 法執行機関での自動小銃(アサルト、カービンライフル)の各種扱いについて

このトピックには4件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。11 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #33745 返信

    Mr.smish

    最近アメリカでは、銃火器等を用いた凶悪犯罪が多発していますよね。
    その一例であり、当事件以降全米の法執行機関を動かした、バンクオブアメリカノースハリウッド支店強盗事件から19年と2ヶ月がたちました。
    この事件は、アメリカ国内で、1990年初頭から幾度となく銃器を用いた凶悪な強盗事件を引き起こしていた、ラリー・ユージーン・フィリップスJrと
    エミール・デグバル・マタサラーヌの2人が、1997年2月28日にカリフォルニア州ロサンゼルスにあるバンクオブアメリカ・ノースハリウッド支店へ押し入り、行員に金を出すよう要求し、予想以下の金額ではあったものの30万ドル(約3600万円)を奪い、その後現場に駆けつけたロサンゼルス市警察(LAPD)の警察官と、44分間にもわたる壮大なスケールの銃撃戦を繰り広げた歴史上稀に見る凶悪事件です。
    この事件の際犯人は、75連装ドラムマガジンを装着した中国製56-S式自動歩槍、HK91自動小銃、ベレッタ92fs自動拳銃を使用していました。
    (その他、クラス3Aのケブラー製防弾着を胴体、腕、脚に着用していた。)
    対して現場を包囲していたLAPDの50人以上の警官隊は、ベレッタ92f/92fs自動拳銃、スミス&ウェッソン38口径リボルバー(口径その他多数)、
    イサカM37やレミントンM870などの散弾銃(ショットガン)を使用していました。人数では警官隊のほうが有利に見えますが、装備の面では犯人側のほうが圧倒的に有利でした。たった2人の強盗犯に50人以上の警官が束になってもまったく歯が立たず、警官や一般人に多くの負傷者を出し、最終的にはSWAT(特殊火器戦術部隊)が現場に到着、銀行から逃走しようとする2人を分断、追跡し、ライフルに故障が発生し、それを放棄して追い詰められたフィリップスはベレッタを顎に押し当てて発砲、自殺し、残るマタサラーヌも自動車を奪おうとして失敗し、SWATと銃撃戦になり射殺されました。この事件以降、全米の警察で武装強化が行われ、パトロールの警官が乗るパトロールカーには、M16やM4カービン、HK416などの自動小銃が搭載されましたよね。そこで質問なのですが、アメリカの警察では具体的にどのような時に自動小銃を使用するのでしょうか?
    それと全てのパトカーに自動小銃が搭載されているのでしょうか?それだったらかなりの予算が必要になるかと思いますが・・・
    そして一般の警官が自動小銃を装備するにあたって、何か特殊な訓練などを必要とするのでしょうか?なんかあまり訓練の必要ないように見えて、意外と必要な気がするのですがどうなのでしょうか?
    そして最後になりますが、一般的にはどのような仕様で使われているのでしょうか?ドラマや映画の劇中では、ノーマルのまま使用されていたり、ダットサイトを装着して使用されていたり、フォアグリップやライトを装着して仕様さていたりしますが、実際はどうなんでしょうか?
    また最近は、どの銃が多く採用されているのでしょうか?ここまでかなりの長文になってしまい、読みにくいかと思いますが、ぜひともご回答お願いいたします。よろしくお願いいたします。事件の説明に関しては、読みたくなければ飛ばしていただいて結構です。

    #33748 返信

    ポル
    キーマスター

    ノースハリウッドの銃撃事件はその後の警察の装備に影響が大きかったですね。私も現場の横を通ったことがありますが、裏通りは普通の住宅街なので、よくこんな場所で撃ちあったなと思いました。
    この事件以降、警察はパトロールライフルを装備するようになりましたが、本格的に武装化したのは9/11テロ以降だと思います。私が渡米したのは2001年6月でしたが、9月のテロ以降は地元の田舎警察のパトカーにも運転席の隣にM-4がロックされているのを見かけるようになりました。テロ対策予算は相当膨大だったのだと思います。全てのパトカーに装備されているとはいえませんが、装備しているパトカーは増えているでしょう。

    アメリカでは警察のレギュレーションはすべて各警察署によって決められています。そのため各警察署が持つポリシーは異なりますが、大抵はライフルを所持できる警官はライフルを扱うための証明書が必要で、ライフルトレーニングをパスすると証明書が得られる仕組みです。ライフルは支給される場合と自腹購入の場合があり、どちらのケースでもライフルトレーニングをパスする必要があります。(新しい銃を採用した際なども、トレーニングが要求されます)

    ライフルを使用できる条件は、警官が必要と感じた際(ライフルの方が有利と感じた際)に使用できます。例えば、立てこもり事件、銀行強盗などで容疑者がボディーアーマーを装備している可能性がある場合、または、ピストルやショットガンでは対応できない射程距離がある場合などです。銃乱射事件など、「アクティブシューター」が存在すると疑われるときもこのケースに含まれます。

    使用されるライフルは、M4、M16、S&W M&PなどAR-15系で、16インチバレルが最もポピュラーです。その次に、18インチや14.5インチなどがあります。(ロサンゼルス警察ではS&W M&P、HK416、ブッシュマスターBCWA3F、コルト6920などが使用されています)
    アクセサリーも警察署のレギュレーション次第ですが、ノーマル状態の場合もありますし、ダットサイトにレイルにウェポンライトなど、フル装備の場合もあります。

    #33770 返信

    Mr.smish

    早速のご回答ありがとうございます。詳しく教えていただき、とてもよく分かりました。やはり全米の警察での重武装化の背景には、この事件だけでなく9.11の同時多発テロも関わっているんですね。やはりテロの脅威に立ち向かおうとする意識は、連邦政府だけでなく各自治体でも強くなったのですね。とてもすばらしい事だと思います。やはりライフルを扱うにはトレーニングが必要なのですね・・・SWAT隊員でない警察官がそう簡単に扱える代物ではないということですね・・・ライフルを必要とするような距離がある場合は、銃自体の性能だけでなく、使用する警察官個人個人の高度な射撃技術も要求されますからね・・・CHP(カリフォルニアハイウェイパトロール)では、全警察官にポリスアカデミーでのライフル講習受講を義務付けているので、全てのパトカーにアサルトライフルが搭載されているようです。使用しているのは20連マガジンを装着したM16A1のようですが。最近ではM4も少なからず採用されているようですね。そこでポルさんにまたいくつかお聞きしたいことがあります。
    1、「私が渡米したのは2001年6月でしたが、9月のテロ以降は地元の田舎警察のパトカーにも運転席の隣にM-4がロックされているのを見かけるようになりました。テロ対策予算は相当膨大だったのだと思います。全てのパトカーに装備されているとはいえませんが、装備しているパトカーは増えているでしょう。」とありますが、実際渡米されてからの約15年間で、装備されているパトカーは増えていると思いますか?そこで見かけたM4はノーマルのままでしたか?その隣にショットガン等は装備されていましたか?また街中を巡回、警備している警察官の武装も強力なものになっていますか? 2、「私も現場の横を通ったことがありますが、裏通りは普通の住宅街なので、よくこんな場所で撃ちあったなと思いました。」
    ロサンゼルスに行ったことがあるようですが、現場はどんな感じになっていましたか?もしかして、地元の田舎ってロサンゼルスの近くでしょうか?
    3、ライフルが使用可能な条件の中に、「銃乱射事件など、「アクティブシューター」が存在すると疑われるときもこのケースに含まれます。」とありますが、「アクティブシューター」とはいったいどういう意味でしょうか?私は初耳なのですが・・・
    ここまでかなりの長文となってしまい、ご回答されたことに多くの質問をまた返すようで申し訳ありませんが、答えていただけると幸いです。ぜひともご回答よろしくお願いいたします。

    #33771 返信

    Mr.smish

    追記→ライフルを使用する際は、やはりセミオート射撃やバースト射撃が中心となるのでしょうか?何しろアメリカの警察でも、全自動火器の装備を認められていない機関があるようなので、疑問に思い質問しました。ただもしそうなら、フルオート機構がついている意味がないと思うのですが、どうなのでしょうか?

    #33772 返信

    ポル
    キーマスター

    米軍の放出品が警察に流れているので、M4含め米軍の装備品が増えていますね。
    ライフルのトレーニングは、正しい扱い方を知らなければ一般人や仲間の安全に関わるので重要だと思います。

    >1
    数は増えていると聞いています。トランクの中に収納している場合もあるので、パトカーの車内を覗いても確認できないことがありますが・・・。
    ショットガンも見かけましたが、ライフルとショットガンを並べているのは見た記憶がありません。
    ライフルはノーマルのものも見かけましたし、バーチカルグリップ、ウェポンライト、ダットサイト付きも見かけたことがあります。
    ライフルトレーニングの撮影をした際( http://hb-plaza.com/rifle/post_101/ )には地元のシェリフが参加してAR15(フルオート)を持ち込んでいましたが、アクセサリーの充実したタクティカル仕様でした。
    通常のパトロールの警官の装備はピストルが基本で、日常からライフルを携帯することはありませんが、空港などではサブマシンガン(MP5やUMPなど)を装備することもあります。私はサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいましたが、サンフランシスコ空港やゴールデンゲートブリッジではM16A2を装備した州兵が警備しているのを見たことがあります。

    >2
    サンフランシスコとロサンゼルスを車で往復することがあり、その際にノースハリウッドに寄っていました。山腹のハリウッドの看板を見に行こうとして道に迷い、気が付いたらノースハリウッドに迷い込んでいたこともあります。しかし、事件の形跡はわかりません。
    銃撃現場のストリートビューはこちらです。
    このバンクオブアメリカの駐車場から銃撃が始まりました。
    https://goo.gl/maps/GmqnWZDfaqk
    最後の一人が倒れたのがこの場所です。銀行から直線距離で600mほどです。
    https://goo.gl/maps/qSjy7FeC9gn

    >3
    アクティブシューター(Active shooter)とは、人の多い場所で無差別にかつ素早く殺人を犯している(犯そうとしている)者のことで、交渉には応じず最後に自殺するのがパターンです。通常の銀行強盗や立てこもり事件では警官はSWATの到着を待ちますが、アクティブシューターが存在する場合は時間との勝負なので、先に現場に到着した警官が容疑者に対応(交戦)することがあります。

    >フルオート
    アメリカでは警察署によって異なります。フルオートライフルを持つところもあれば、セミオートライフルしか許可しないところもあります。SWATはサブマシンガンを使用しフルオートで運用しますが、通常パトロールライフルはセミオートしか使用されないので、フルオートは必要ありませんね。バーストすら殆ど使用されません。




5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
返信先: 法執行機関での自動小銃(アサルト、カービンライフル)の各種扱いについて
あなたの情報:




過去記事(ランダム表示)