右撃ちなのに左上にリコイルがある場合キャストで修正することは可能でしょうか?

ホーム フォーラム 過去ログ 右撃ちなのに左上にリコイルがある場合キャストで修正することは可能でしょうか?

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 年、 11 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #6797

    ポル
    キーマスター

    ストックのキャストは照準線に顔を合わせやすくするため、リコイルを右利きなら右上から上に近付けるためと思っているのですが、右撃ちなのに左上にリコイルがある場合キャストで修正することは可能でしょうか?教えて下さい

    #6798

    ポル
    キーマスター

    キャストの修正で改善できると思いますが、その前にストックの長さ(レングス・オブ・プル)を疑ってみるのも良いと思います。構えたときに親指と鼻の距離が指二本分ぐらいが理想的です。(セミ・グリップ・ストックなどの場合)

    また、射撃姿勢も原因になりうると思います。ベンチで撃つ場合は、イスの高さでリコイル処理が変わりますし、スタンディングでも姿勢が影響しがちですね。自然に前傾姿勢になれているかもチェックポイントだと思います。

    アメリカだとフィッティング専門のプロのガンフィッターに依頼するのもアリですが、日本では・・・??


 
 
 
 
 
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

フォーラム「過去ログ」への新規トピック・返信追加は締め切られています。