口径変更されたライフルの市場は大きい?

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 口径変更されたライフルの市場は大きい?

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。5 ヶ月、 3 週間前 ポル さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #60821

    ポル
    キーマスター

    インドのイシャポア製410番改造型エンフィールドライフルとアメリカ合衆国の政府から放出されたモシン・ナガンのBannerman改造型30-06口径を動画で見たのですが、アメリカではこうした口径変更された軍用ライフルの市場は大きいですか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    口径変更はアメリカでは比較的多く行われています。

    古い軍用ライフルは、現在ではレアな存在となった弾薬も使用されています。

    このような弾薬は高価であったり、希少性が高いこともあるため、現在でも入手が容易な弾薬が使用できるように加工されたり銃身を交換されることがあります。

    弾薬は流通量が多ければ価格も安くなるため、口径が変更されることは珍しくありません。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。