リボルバーのクリーニングについて

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 リボルバーのクリーニングについて

このトピックには13件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。6 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #38053

    ポル
    キーマスター

    ガンプロフェッショナルズ2016年5月号の「Jフレームを使いこなす」でJフレームのクリーニングが記載されていました。
    その中で「粘度の高いオイルを1滴づつ各稼働部位に垂らす」と記載されていましたが、そのままの状態でオイルを垂らす部位はどこに何カ所ぐらいあるのでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ハンマーやトリガーの回転軸に一滴垂らすとオイルが表面になじみます。
    他には、ボルト、ハンド、シリンダーストップにも垂らしておけば十分です。

    リボルバーの種類によって内部構造が異なるため、上記のパーツだけとは限りませんが、一般的には記事の通り稼働する場所に注油するのがベストです。

    #38054

    ポル
    キーマスター

    先ほどの質問の各可動部分にオイルを1滴づつ垂らすのはどうしてもやらなくてはいけない事なのでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    カーボンの付着により動きが悪くなったりジャムの原因となることもあるので、やらないよりはやっておいた方が良いでしょう。
    スムーズなトリガープルを維持することは、高い命中率を維持することに繋がります。

    #38055

    ポル
    キーマスター

    シリンダー後部と接する部分はクリーニングしなくても良いのでしょうか?
    ガンプロフェッショナルズではオイルを垂らすだけでクリーニングはしていませんでした。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    カーボンが付着する場所(発射ガスが吹き付けられる場所)は全てクリーニングが必要です。

    当然、シリンダー後部も汚れるので、歯ブラシなどナイロンブラシで汚れを落としたり、布でふき取ってクリーニングします。

    軽い汚れであれば、軽く拭き取るだけでも構いません。

    #38058

    ポル
    キーマスター

    素人丸出しで大変申し訳ありませんが、オイルを垂らす所の、トリガーの回転軸、ボルト、シリンダーストップとはどこにあるのでしょうか?
    銃を丸裸にしないとオイルを垂らせない所なのでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    S&Wのリボルバーでは、フレーム右側にあるサイドプレートを外すと内部が確認できます。
    オイルを垂らすにはドライバーを使用してサイドプレートを外す必要があります。

    内部の動きと構造については、記事「拳銃の構造」をご覧ください。

    関連記事:S&Wリボルバーの安全装置の仕組み

    #38060

    ポル
    キーマスター

    サイドプレートを外さない場合はどうなのでしょうか?
    ガンプロフェッショナルズでのクリーニング紹介でもサイドプレートを外した様子はありませんでした。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ハンマーを起こしてフレームの隙間から注油することも可能ですが、オイルが垂れたり全体になじまないことがあるので、外部からの注油は私はお勧めしません。

    射撃後に毎回注油する必要はありませんが、パーツのチェックも兼ねて定期的な分解後のクリーニングと注油をお勧めします。

    #38075

    ポル
    キーマスター

    ハンドやファイアリングピンなどがある面をクリーニングする際はWD-40オイルを少量垂らした歯ブラシでブラッシングするだけで良いのでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    使用する薬品や道具さえ正しければ、クリーニング方法は自由です。

    WD-40を使用しても問題ありません。

    #38081

    ポル
    キーマスター

    WD-40オイルを使ったクリーニングについて質問があります

    シリンダーをスイングアウトしてフレームの上部と下部をWD-40オイルで拭ったとします。
    何分くらい待てばシリンダーを元に戻しても良いのでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    1秒も待つ必要はありません。

    WD-40は金属表面に被膜を作って錆を防止します。
    銃に向けてスプレーしたら、あとは布で軽く拭き取るだけでOKです。

    #38086

    ポル
    キーマスター

    すみません。質問の仕方が悪かったですね。

    シリンダーをスイングアウトしてWD-40オイルを染ませた布でフレームの上部と下部を拭った場合、シリンダーを戻すにはどれくらい待てば良いでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ご質問の意図がわかりません。

    何の目的で待つ必要があるのでしょうか??

    #38089

    ポル
    キーマスター

    すみません。また質問の仕方が悪かったみたいですね。

    DW-40オイルを染み込ませた布でフレームの上部と下部を拭うと当然オイルのべたつきがあると思うので、そのまま待たずにシリンダーを戻すとシリンダーにべたつきが移ると思ったので質問しました。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    二つ誤解されていますね。

    第一に、フレームとシリンダーは閉じても直接接触しません。
    オイルが移ることもありません。

    第二に、WD-40は油なので待っても乾燥しません。
    乾燥したということはWD-40の被膜が無くなったことを意味するので、これでは錆を防ぐことはできません。

    べたつきが気になるようであれば、乾いた布で拭き取ってください。
    それでも油分は多少残るため、防錆効果が望めます。

    #38128

    ポル
    キーマスター

    youtubeに出てくる銃について質問があります

    「How To Clean Revolver」という27分17秒の動画に登場するリボルバーがなんという名前のリボルバーか分かりません。
    一応、アップした人が解説していますが恥ずかしながら全く聞き取れない次第です。
    動画を貼った方が良いのですが、またもや恥ずかしながらパソコンに疎い物で貼り付けができない所存です。
    どうか宜しくお願いします。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    こちらの動画でしょうか?

    銃は「S&W 360SC エアライト」です。
    スカンジウム合金製の軽量.357マグナムリボルバーです。

    動画の貼り付けは、動画のURLをコピペするだけで貼り付けられるはずです。

    #38222

    ポル
    キーマスター

    S&Wのリボルバーでシリンダーを開くと見えるフレーム下部にある凸は何なのでしょうか?

    クリーニングの際、WD-40オイルを染ませた布で拭っても大丈夫でしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    シリンダーストップです。
    回転するシリンダーを定位置で停止させるためのパーツで、シリンダーの周囲に掘られた溝(ノッチ)に入って停止します。

    シリンダーストップを布で拭いても問題ありませんし、それ以前にリボルバーに布で拭いてはいけない場所はありません。

    また、金属パーツであればWB-40を使用しても問題ありません。

    関連記事:拳銃の構造

    #38251

    ポル
    キーマスター

    S&W M640に刻まれた刻印について質問があります。
    シリンダーをスイングアウトしたら見える所のモデル名とダッシュ番号の上にアルファベット?で何か刻印されていますが何と刻印されているのでしょうか?

    シリンダーストップは押すと引っ込みますか?

    ガンプロフェッショナルズ2016年5月号の「Jフレームを使いこなす」においてクリーニングのコーナーで「オイルを染ませた布で全体をぬぐい~」とありましたがエジェクターロッド部も拭うのでしょうか?
    また、スイングアウトの状態で拭うのでしょうか?

    ガンプロフェッショナルズ2016年5月号の「リボルバーを使いこなす」においてJフレームリボルバーのクリーニングを紹介するコーナーで「エジェクターロッドの緩みをチェックする。この後、オイル(WD-40オイルだと思われます)を染ませた布で全体を拭い、最後に乾いた布で磨いて終了だ。」とありましたが、シリンダー中部(前部と後部はWD-40オイルでブラッシングしたという想定です)もオイルで染ませた布で拭うのでしょうか?
    また乾いた布で磨くのでしょうか?

    また、エジェクターロッドの緩みは器具を使わずにどうやってチェックするのでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    >何と刻印されているのでしょうか?

    アルファベットと数字を組み合わせたシリアルナンバーなので個別に異なります。

    >シリンダーストップは押すと引っ込みますか?

    引っ込みます。

    >エジェクターロッド部も拭うのでしょうか?

    基本的には全ての金属パーツを拭いた方が良いでしょう。

    >スイングアウトの状態で拭うのでしょうか?

    自分で拭きやすいと思う方法で拭けばOKです。

    >乾いた布で磨くのでしょうか?

    どちらでも構いません。
    表面に残ったオイルが手や衣服に付着するのが嫌なら、最後に乾いた布で拭いた方が良いでしょう。
    銃にとっては、オイルが拭き取られるより付着している方が防錆の面で良いと言えます。

    >エジェクターロッドの緩み

    エジェクターロッドはねじ込まれている構造が多いので、その場合は手で左右に回るか確認します。
    エジェクターロッドは素手では回らないのが正常な状態です。素手で回る場合は緩んでいます。

    #38262

    ポル
    キーマスター

    S&W M640のシリアルナンバーの表記ですが、表記の形式の様な物はあるのでしょうか?
    それともただ単にランダムにアルファベットと数字が並んでるだけなのでしょうか?
    後、2013年のモデルは何文字刻印されているか知っていたらご教授願えたら幸いです。

    ガンプロフェッショナルズ2016年5月号の「Jフレームを使いこなす」のクリーニング紹介において、「この後、オイルを染ませた布で全体をぬぐい、最後に乾いた布で磨いて終了だ。」とありましたが、管理人様が昨日の回答で銃にとってはオイルは残っていた方が良い
    と仰られていたのに、何故ガンプロフェッショナルズでは最後に乾いた布で磨いて終了なのでしょうか?
    そもそもオイルが落ちるのに「みがいて」と表記するのは何ででしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    >シリアルナンバーの表記

    規則性はあると思いますが、私は内容を把握していません。
    通常はアルファベット3文字と4桁の数字の組み合わせです。

    >何故ガンプロフェッショナルズでは最後に乾いた布で磨いて終了なのでしょうか?

    乾拭きしても金属の表面には適度なオイルが残るので問題ありませんし、オイルの付いた布で拭くのは汚れを取るためでもあります。
    オイルで被膜が作られていると空気に触れないため酸化を防ぎますが、逆にオイルが多すぎると滑りやすいですし、衣服に付着することもあります。その辺のことはバランスを考えてください。
    銃を長期保管する場合はオイル多めでも構いません。

    >「みがいて」と表記するのは何ででしょうか?

    ごく普通の表現だと思いますが?

    #38264

    ポル
    キーマスター

    S&W M640のシリアルナンバーの組み合わせですが、〇〇〇(アルファベット)△△△△(数字)の順番の組み合わせなのでしょうか?
    それとも逆なのでしょうか?
    それとも数字とアルファベットがごちゃ混ぜなのでしょうか?
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    「ABC1234」といった組み合わせです。




14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。

過去記事(ランダム表示)