フルオートシアとピストルカービンについて

ホーム フォーラム 実銃掲示板 フルオートシアとピストルカービンについて

このトピックには3件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 年、 8 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #33116 返信

    A-545

    いつも大変勉強させていただいています。
    質問ですが、米国民間におけるアサルトウェポンに組み込み可能な(そもそも民間仕様は大抵は付けられないようになってるはずですが)
    フルオートシア単体の販売と所持及び拳銃の銃床又はカービンキットの販売と所持について
    規制はありますか?
    フルオートシアはともかく、拳銃の銃床については組み合わせなければ所持自体は合法だと思うのですが

    #33118 返信

    ポル
    キーマスター

    フルオートシアー(1986年以前に製造)の売買や所持は州によっては合法です。法律上フルオートシアー自体が「マシンガン」として扱われるため登録が必要ですが、インストール先の銃を登録する必要はありません。また、売買の際は必ず免許を持つディーラー(FFLディーラー)を介し、ATFに対して登録申請と200ドルの税金を支払います。

    ハンドガンにストックを装着すると、法律上そのハンドガンはライフルになります。銃身長が16インチ未満の場合はSBR(ショートバレルライフル)となるためSBRとして登録が必要ですが、銃身長が16インチ以上かつ全長26インチ以上であれば登録不要です。

    カービンキットは少し複雑で、ピストルにカービンキットを装着したとき、銃身長が16インチ未満であればSBRとなり登録が必要です。
    また、カービンキットのみを所有している場合は登録不要ですが、カービンキットに適合するピストルを所有している場合は「推定占有(constructive possession)」と見なされるため、カービンキットにピストルを組み合わせなくてもSBRとして登録が必要になります。

    #33119 返信

    A-545

    ご返答頂きありがとうございます
    フルオートシアーそのものを登録するとは知りませんでした
    近年アメリカでinokatsu製ガスブローバックエアソフトのM4のフルロートシアが実銃に組み込めるとの話で
    問題になったと聞いたことがありますが、この場合トイガンであっても未登録所持は違法なのですか?
    それとハンドガンにストックを装着の件ですが
    その昔GUN誌で市郎氏が初期のC96にストック組み付けた折に
    本来違法だけど骨董扱いで許可が降りてるとの記述があったのですが
    何年製造分より骨董扱いになり、たとえガトリングガンであっても
    骨董扱いで未登録所持可能ですか?

    #33120 返信

    ポル
    キーマスター

    本来トイガンでも実銃でもパーツの無登録所有は合法ですが、ATFはトイガンのWE M4のレシーバーを実銃と判断したように、登録が必要な実銃パーツを模したパーツで、実銃に使用できる場合は「実銃」と判断される可能性が高いです。所有はグレーかもしれませんが、実銃に組み込めば違法です。(1986年5月以降、民間市場向けフルオートシアーの製造や輸入は禁止されています)

    ハンドガンにストックを装着する場合、製造から50年が経過した銃はC&R(Curios & Relics/骨董品)のカテゴリーに入り例外となります。これらの銃に適合するストックは例外的に無登録所有が可能となりますが、州によってはアサルトウェポンと判断されるため所有できない場合があります。

    マシンガンはC&Rであってもフルオートなので登録が必要ですが、フルオートの定義はトリガーを一回引いて複数発弾が発射されることなので、手動でクランクを回して発射するガトリングガンはバンプファイアストックやクランクトリガーと同じ扱いとなり登録不要です。ただし、州によっては所有が禁止されています。


 
 
 
 
 
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
返信先: フルオートシアとピストルカービンについて
あなたの情報: