ハーフコックは有効な安全装置といえる?

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 ハーフコックは有効な安全装置といえる?

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 年前 ポル さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #35863

    ポル
    キーマスター

    M1911A1に於けるハーフコックの有効性について質問させていただきます。
    銃器を運用する際重要なのは安全性だと思います。近年のモデルは程度・構造の差こそあれ、その機能に腐心していると思いますが、クラシックなハーフコックは有効な安全装置といえるのでしょうか?
    私は有効だと思うのですが、映画「トゥルーライズ」にあった様に落下したした際暴発する可能性はあるのでしょうか?
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    単体で完璧なセイフティは存在しません。
    しかし、セイフティは複数装備されることにより銃の安全性や信頼性が高まります。
    ハーフコックセイフティもその一つで、M1911A1ではグリップセイフティが存在することにより外部からの衝撃でトリガーが引かれるのを防止し、仮にシアーが滑ってハンマーが解放されても、ハーフコックセイフティの存在により撃発をストップできる可能性が高まります。

    トゥルーライズのMAC10落下シーンは現実には再現が難しく、撮影には苦労したと裏話を聞いたことがあります。
    MAC10はボルトロックとマニュアルセイフティしか安全装置がないため、衝撃などによりトリガーが引かれるとボルトが解放され撃発する可能性がありますが、衝撃の加わる方向や強さが正しくなければ暴発させるのは難しいでしょう。

    関連記事:




1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。

過去記事(ランダム表示)