スナップキャップ、空撃ちケースではよく耐久性を謳っている商品が多いと思いますが

ホーム フォーラム 過去ログ スナップキャップ、空撃ちケースではよく耐久性を謳っている商品が多いと思いますが

このトピックには4件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 年、 11 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #6771

    ポル
    キーマスター

    スナップキャップ、空撃ちケースではよく耐久性を謳っている商品が多いと思いますが壊れる場合どこがどのように壊れるのでしょうか?
    12番の散弾銃の空撃ちケースを使っているのですが、壊れるほど空撃ちしていないので教えていただけたらと思います。

    #6772

    ポル
    キーマスター

    ファイアリングピン、ブリーチフェイス、チャンバーの3ヶ所を破損する可能性があります。

    一般的にファイアリングピンは先端が細く、後ろは太くなっています。空撃ちによってファイアリングピンの太い部分がブリーチに激突し、細くなっている部分に金属疲労が溜まることで先端が折れることがあります。(私はこれで折ったことがあります。)

    ブリーチフェイスはチャンバー側からの衝撃には強いのですが、逆に後ろから点で何度もファイアリングピンに突かれると疲労が溜まり、亀裂や剥離を生じさせることがあります。

    空撃ちによるチャンバーの損傷はリムファイヤー・カートリッジを使用するモデルで発生します。ファイアリングピンの位置はセンターではなくチャンバーに激突する場所にあるので、空撃ちするとチャンバーを凹ませることがあります。これを放置するとチャンバーとカートリッジの間に隙間ができ、発射ガスが噴出したりジャムの原因となります。

    空撃ちに対する耐久性は銃によって異なるので一概にいえません。空撃ちをメーカーが容認しているモデルもありますが、古い銃は特に気をつけた方が良いと思います。

    #6773

    ポル
    キーマスター

    空撃ちによる銃の破損の仕方は理解できました。
    ということは空撃ち用ケースそのものは壊れる事はあまり無いのでしょうか?

    #6774

    ポル
    キーマスター

    すみません、質問内容を勘違いしていました。

    空撃ちのケースはスプリングを使用していたりシリコンを使用していたりと色々ですから耐久性は一概に言えませんし、どちらの方式であってもメーカーやモデルによって耐久性の強弱があります。

    個人的体験ではキャップがシリコンのものは消耗が早い印象があります。ですがホットボンドを流し込んだりと自分で修理しやすいので長く使えると思います。

    いずれにせよモデルガンのダミーカートと同様に装填と排莢を繰り返せば傷だらけになりますし、プラスチック製だと使い方によっては割れることがあるかもしれません。耐久性に拘るのでしたらスプリング方式で金属製が良いと思います。

    #6775

    ポル
    キーマスター

    回答ありがとうございます
    僕のはアルミ製でスプリングを使っています
    やはりシリコンのは消耗が早いのですね勉強になりました


 
 
 
 
 
5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

フォーラム「過去ログ」への新規トピック・返信追加は締め切られています。