ステアーACRの構造とは?

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 ステアーACRの構造とは?

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。4 ヶ月、 2 週間前 ポル さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #40781

    ポル
    キーマスター

    初めてご連絡いたします。
    かつて米陸軍のACRプロジェクトにステアー社が提出したモデル(エヴァのパレットガンの元ネタになったアレです)はプラ薬莢にサイドプライマー、下方エジェクトなど革新的な構造だったと聞きますが、当時のGun誌の床井氏のレポートでは「パテント関連の都合で構造は公表できない」と濁され、現在のネットでも曖昧な構造図らしきものしか見つけることができません。
    作動メカニズム、特に、従来の方式ではブリーチがマガジンから弾を拾えないであろうボルト周りについて、ご存知のようでしたらご教授願います(「TKB-022と同じ」というお茶の濁し方は無しの方向で)
    よろしくお願い致します。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ステアーACRはボルトやエキストラクターが存在しないという、一般的なライフルとは異なる珍しい構造を持ちます。
    ちなみにTKB-022とは全く異なる構造です。

    「曖昧な構造図らしきもの」とは、この図のことかもしれませんが、これは当時のパテント図なので、内容は正確です。
    https://www.google.com/patents/US4760663

    具体的な作動は以下の通りです。

    1:コッキングしていない状態では、バレル周囲のリターンスプリングは伸びた状態になっており、上の図の通りです。

    2:コッキングによってスプリングが縮み、トリガーに引っ掛かってロックされます。このとき、同時に後退したオペレーティングロッドによってチャンバーがエレベーターの様に下に降ります。(バレルとチャンバーは別パーツです)
    降りたチャンバーはマガジン内の弾薬と同軸線上に位置します。

    3:トリガーを引くとリターンスプリングが開放され、オペレーティングロッドに繋がったパーツ(ラマー)がマガジンから弾薬を押し込み、チャンバー内に装填されます。
    そしてチャンバーが上昇し、固定ファイアリングピンがプラスチックカートリッジを貫通して円周状に配置されたプライマーに接触し撃発します。

    4:撃発するとガスピストンがガスによって押され、この力を利用してオペレーティングロッドが後退し、チャンバーが下降します。

    5:次弾がマガジンからチャンバーに装填されると、空のカートリッジは新しい弾薬に押されてチャンバーの前から落下し、そのままエジェクションポートから外へ落ちます。

    以上です。

    ポイントは、バレルとチャンバーが別パーツとなっており、チャンバーが上下に移動する構造です。H&K G11ではチャンバーが回転式でしたが、ステアーでは上下に移動させる方法を採っています。

    #40789

    ポル
    キーマスター

    ステアーACRの記事興味深く読ませていただきました。
    便乗質問の様で申し訳ないのですが追加で教えて下さい。
    ステアーACRやH&K G11もそうですが、スルーホールのチャンバーの様に見えます。
    その場合のカートリッジの位置決めはどのように行っているのでしょうか?
    両方とも後ろからカートリッジを押しているだけのように思えます。
    またACRは発射済みのカートリッジの排出、G11は不発カートリッジの排出の為、エジェクションポート側にストッパーがあるようには思えません。
    ゆっくり動作させる分には問題はないかと思うのですが、フルオートの場合だと慣性がついてカートリッジが定位置で停止しない可能性があると思うのです。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


    上図はH&K G11の回転式チャンバー(初期プロトタイプ)を表しています。

    G11の詳しい説明は長くなるため割愛しますが、G11の回転式チャンバーは回転するなかで装填、発射、エジェクション(不発弾排出用)の動作を行い、エジェクション時のみ下側のシャッターが開く構造となっています。これは砂や泥などの異物進入を防ぐ役割もあります。

    G11は試作のみで終了したライフルですが、試作品には様々な種類があり、そのなかで弾薬の形状変更と共にチャンバーの形状も変更されました。初期のケースレス弾薬で弾頭が剥き出し状態となっているものには、チャンバー内が一般的なライフルと同様に弾薬が通り抜けられない構造になっているものも存在します。


    そして上図はステアーACRのチャンバー部分のパテント図です。

    図の「9b」の部分がストッパーです。
    新しい弾薬がチャンバーに装填されると、発射済みのカートリッジが押されて前へ抜け落ちます。そして空のカートリッジが完全に抜け落ちると同時に、チャンバー上昇によってストッパーが次弾の前進をストップします。

    この構造で作動の信頼性を得るには、使用するプラスチックカートリッジのサイズが常に一定である必要があり、カートリッジの精度がジャムの直接的原因となるなどACRの問題点の一つとなりました。




2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。

過去記事(ランダム表示)