返信先: グロック18Cのコンペンセイターについて

ホーム フォーラム 実銃掲示板 グロック18Cのコンペンセイターについて 返信先: グロック18Cのコンペンセイターについて

#36350 返信

ポル
キーマスター

ポーテッドバレル(上部に穴が開いた銃身)は、普通のライフリング付バレルに穴を開けて製造されているので、穴の部分にもライフリングがあります。
(ショットガンのようなスムースボアバレルの場合では、当然ライフリングは最初からありません)

以下のページのバレルの画像は、私が所有していたポーテッドバレル(2ポート)ですが、穴の位置にライフリングが確認できます。

狙った場所より下に命中するという問題ですが、そもそも論になりますが、ポーテッドバレルのために着弾が下がるというのは、フィッティングに失敗しているか、または使用弾薬が適切ではない可能性があります。
同様に、質の悪いポーテッドバレルを使用した場合も命中精度に悪影響があります。

これを防止するには、着弾が下がらないように穴の大きさを小さくしたり、使用する弾の弾頭重量を重いものに変更したりと、何らかの対策が必要でしょう。
正しいバレルと弾薬を組み合わせて選択すれば、着弾を下げずに狙った場所に当たるようになるかもしれません。

ちなみに私が所有していたポーテッドバレル(ベレッタ92F用)では、着弾が下がっていると体感したことはありませんでしたし、以前にポーテッドバレル付きグロックをフルオートで撃った際も、着弾が下がる感覚はありませんでした。
寧ろ、フルオートだとコンペンセイターの効果よりマズルジャンプの方が勝ってしまうので、狙点よりも上へ着弾しやすくなります。

もし着弾が下がる場合、それぞれのバレルや使用弾薬の条件次第で異なるので、実際に撃ってみなければどれだけ下がるかは分かりませんが、10メートル程度であれば数ミリ~数センチ程度の誤差だと思います。