トリガーガードの目的とは?

faq_q大概の銃には引き金の前にトリガーガードという物が付いてますよね。

素人目には何の目的で付いているのかわかりません。どのような用途で用いられているのでしょうか?

question_trigger_guard



faq_aこの写真の青枠で囲んだ部分がトリガーガードです。写真上のライフルではグリップガードとしてトリガーガードの役割を果たしていますが、これらがもし存在し無かったらどんな不都合があるか考えてみると分かりやすいでしょう。

トリガーガードは主に無用な暴発を防ぎ安全性を高める為に備わっているもので、何かが直接トリガーに触れる事で暴発するのを防ぐ重要な部分です。もしトリガーガードが無ければ、特にハンドガンの場合はホルスターに収納しようとした際に、ホルスターの一部がトリガーに引っかって暴発するかもしれません。また、銃を落下させてしまっても落下地点にある障害によってトリガーに圧力が掛かり、暴発しないとは限りません。トリガーガードが無い事での危険性は様々です。

そして、安全面だけでなく、両手保持の射撃時に添えた手の指をトリガーガードの前方に引っかける事で、反動による跳ね上がりを抑えて命中精度を高める事も出来ます。安全と機能を考えてデザインされたトリガーガードが殆どです。因みに、殆どのリボルバーではこの様に指を引っかけて撃つ事は出来ません。この様にして撃つとシリンダーギャップ(シリンダーとバレルとの間にある隙間)から噴出される発射ガスによって指を火傷する危険性があります。

また、トリガーガードを利用する製品も様々で、各種フラッシュライトやレーザーサイトを固定するために使われたり、鍵付きの特殊なロックを装着して銃を安全に保管するといった利用法も定着しています。

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)