ツァスタバM57(トカレフピストル)のセイフティの評価とは?

faq_qツァスタバM57には手動のセーフティがありますが操作性の良し悪しはどうなのでしょうか?

また、手動セーイフティやマガジンセーフティが組み込まれていますが、これらが要因で本家トカレフの持ち味であったどんな悪環境下でも確実に作動するタフさや作動の信頼性などは失われているのでしょうか?

ツァスタバM57の手動セーフティの信頼性の良し悪しはどうなのでしょうか?

 

Zastave M57A Photo via zastava-arms.rs
Zastava M57A Photo via zastava-arms.rs

 

faq_aロシアのトカレフTT-33の成功によりトカレフピストルは東側諸国でコピーやライセンス生産が多数行われ、ツァスタバM57もそのうちの一つです。オリジナルのM57にはマニュアル・セイフティがありませんが、米国では輸入規制法の関係で米国内に流通するM57には追加のマニュアル・セイフティが装備されています。(M57Aはスライド左側、M57米国版はフレーム左側に装備。)

 

M57の追加セイフティの操作性は?

私はM57を射撃したことが無く、ガンショーで手にとって操作したことがある程度ですが、相対的にコルトやベレッタといった一流メーカー品と比較すると良いとはいえません。しかし、ポーランドのwz33やルーマニアのTTCなどはセイフティの位置がグリップの前方にあるため、それらと比較するとグリップ上部に位置するM57は扱いやすいといえます。ピストルはスライドを引く動作以外の操作は片手で素早く完結できるのが望ましいので、M57はその点をクリアしています。トカレフTT-33のコピーの中では、M57のセイフティは最も扱いやすいセイフティの一つだと思われます。

 

セイフティ追加により性能は低下するか?

米国輸入版ではマニュアル・セイフティが無いと後から追加されますが、これにより性能や信頼性が低下することは正しく加工されていれば構造上問題無いと思われます。しかし、外面に引っかかるパーツが増えるということは、ホルスターからの抜き挿しで抵抗となり得るので、セイフティの形状に注意が必要かもしれません。また、モデルによってはセイフティ・レバーの動きが緩く、意図せずセイフティがオンやオフになることがあります。

 

M57の追加セイフティの信頼性は?

M57のセイフティの信頼性は、あまり良いとはいえません。回転式セイフティの軸はシアーの動きを妨げることでハンマーが落ちるのを防いでいますが、確実性が弱く、セイフティをオンにしてもトリガーを引くとハンマーが落ちるケースもあるようです。

トカレフ・ピストル全般にいえることですが、設計上動作するはずのセイフティも、仕上げの悪さ等の不具合から問題がありえますし、おまけにファイアリング・ピン・ブロックのようなインターナル・セイフティを有していないので、携帯には適していません。(米国では200ドル台で購入できる安物ピストルなので、質を求めるのは酷かもしれません。)

 

トカレフピストルのデータ
モデル製造国口径マニュアルセイフティの有無

※オリジナル版

M57ユーゴスラビア7.62mm
M57Aユーゴスラビア7.62mm
M70Aユーゴスラビア9mm
M70AAユーゴスラビア9mm
M88ユーゴスラビア9mm
M88Aユーゴスラビア9mm
TT30ロシア7.62mm
TT33ロシア7.62mm
TTCルーマニア7.62mm
M48ハンガリー7.62mm
トカジプトM58ハンガリー9mm
PW wz.33ポーランド7.62mm
51式中国7.62mm
54式中国7.62mm
54-1式中国7.62mm
213中国9mm
213A中国9mm
M20中国7.62mm
TU-90中国9mm
 68式北朝鮮 7.62mm 無

※米国に輸入される殆どのモデルには規制(GCA1968)のためマニュアル・セイフティが追加されています。

 


 
 
 
 
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ