映画ターミネーターの銃描写の質問

faq_q映画『ターミネーター』のシーンで警察署襲撃の際装備してた銃はなんですか?片方はスパス12だと思いますが、もう片方がわかりません。

faq_aSPAS12と、AR-18です。AR-18はアーマーライト社のM16シリーズの弟分とも呼べる存在で、M16A1よりも早く1964年に同社によって開発されました。

標準的な5.56mm×45弾を使用し、20連マガジンを装備。毎分800発の発射速度を有します。M16との違いは、折り畳み式ストックや、プレス加工されたレシーバー(フレーム)などにあります。

 

faq_q映画『ターミネーター2』でT-1000が警察官から銃を奪ったときスライドを少しずらしてますがあれはなにをしているのですか?

faq_a恐らく、チャンバー(薬室)に弾が装填されているか確認したのだと思います。装填されていれば、あとで射撃の際にスライドを引いて初弾を送り込む必要はありませんから、銃を抜いて即射撃可能です。



T-800とT-1000のターミネーターは両者とも同じ確認をしているところが面白いですね。(T-1000が警官から奪ったベレッタM92FSは、スライドをずらさなくても薬室内の弾の有無は外から確認できる設計ですが、それでもスライドをずらして確認した方が確実です)

 

faq_q映画「ターミネーター2」で、シュワルツェネッガーの使用していたショットガンの名前とメーカーを、ご存じでしたら是非、お教えください。

faq_a確証はないのですが、私はウィンチェスター社のレバーアクションショットガンである「ウィンチェスターM87」が元になっていると考えています。手元のレバーを上下させる事で排莢を行うレバーアクションで、しかもショットシェルを使用する今では珍しい銃です。

口径は12ゲージで、撮影に使用されたM87は、銃身とストックを切り落とされ、レバー部を大きなものに取り替えられていました。

また、作品中では銃を1回転させる事で排莢を行う為、指を挟まないようにレバー部にはグリップとの間にカバーが取り付けられています。

 

faq_q銃砲店で銃を買うときどういう風に売られていますか?

ターミネーターに出てきた銃砲店はカウンターの中にありましたが

faq_a一般的なガンショップでは、カウンターのガラスケースにピストルやリボルバーが陳列され、カウンター内側の壁際にライフルやショットガンが陳列されています。もし気に入った銃があれば、店員に尋ねると気軽にケースから取り出して見せてくれます。映画「ターミネーター」のガンショップは、極めて一般的なガンショップを表していると思います。

ただし、弾は客の手の届かない場所にあるのが一般的です。私が利用するカリフォルニア州のとあるガンショップでは、ショットシェルやライフル弾がカウンターの客側に置かれていることもあるのですが、これは安全上理想的とは言えません。




 
 
 
 
 

こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)