ストライカー方式のデコッキング方法とは?

faq_q銃を扱う時、よく「デコッキング」という動作をしますよね。オートマチックの場合は簡単に言えば、 チェンバーに弾を入れ、ハンマーをレストポジションに戻すという動作ですが、ここで一つ疑問が浮 かびました。

ガバメントや92Fシリーズはハンマーが露出しているので、起きたハンマーをそのまま 戻せばいいワケですが、ではグロックシリーズ等のストライカー式、又はハンマーを内蔵しているタ イプの場合、どのようにしてデコッキングを行うのでしょうか?

それらの銃がDAオンリーならわかり ますが、ワルサーP99の場合はストライカー式、なおかつSA(?)と私は記憶しているのですが・・・ 一体どのようになっているのでしょうか?

あと、ショットガン等のハンマーの露出していない、長物の 場合もデコッキングに関してようになっているのでしょうか?

 

faq_aハンマーが内蔵されたストライカー式の多くの銃は、弾を取り除いて空撃ちするか、スライドを引きながらトリガーを引き、シアーが外れたところでゆっくりとスライドを戻すといった動作が必要になります。これは銃の構造によって操作方法が異なります。

ワルサーP99の場合はストライカー式でありながらデコッキングシステム(デコッカー)がありますので、スライド上部のボタンを押すだけでデコッキングできます。仕組みは単純で、デコッカーを押し下げるとシアーが解放され、ストライカーが前進します。しかし、デコッカーが下がるとストライカーの前進を途中で妨げるのでプライマーに到達できません。ストライカーがプライマーを叩くには、デコッカーが上昇している必要があります。

ちなみワルサーP99はシングル/ダブルアクションです。

ショットガン等、長物もおなじ理屈です。


 
 
 
 
 

こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ