オープンボルトとクローズドボルトの違いとは?

faq_qサブマシンガンの記事を読んでいて思った事なのですが、オープンボルトとクローズドボルトとはどのように違うのでしょうか?

機構上の違いなのでしょうか?

命中率や、安全性に違いが出る事はわかるのですが…



 

faq_aはい、機構上の違いです。これは発射する前のボルトの位置が大きな違いで、トリガーを引く際、ボルトが後方に位置してイジェクトポート(排莢口)が空いている状態から作動が始まるものを「オープンボルト」と呼び、ボルトが前方に位置してイジェクトポートが閉じている状態から作動が始まるものを「クローズドボルト」と呼んでいます。

ボルトとは、撃発システムが組み込まれた部分で、「装填」「撃発」「排莢」を行うのに必要なものです。これは重量がある為、オープンボルトの場合は移動の際には銃がブレますし、また、トリガーを引いてから発射されるまでに時間差が生じるため、命中精度に悪影響を与えます。しかし一方で製造コストを安く仕上げられる利点があります。

クローズドボルトは発射の際には既にボルトが前進している為、トリガーを引いて発射されるまでの時間差は少なく、銃がぶれる心配も殆どありません。また、イジェクトポートが閉じているという事は、外部からの異物(木の枝、砂、ドロなど)が入りにくく、無用な作動不良も防いでいるのです。しかし、オープンボルトの機構に比べると部品数が多くなったり、複雑化する為、製造コストも高くなっています。

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)