銃に使用される金属とは?

faq_q銃は主に鉛でできているんですよね?

そこで金や銀などで銃を作った場合は鉛やプラスチックより耐久力がないのでしょうか?
また銃には鉛やプラスチック以外の材質が使われている場合があるのでしょうか?
小説に銀製銃について書きたいと思っているの銀製銃だけでも教えていただけないでしょうか。

faq_a金、銀、鉛で銃を製造することはありえません。これらの金属は非常に柔らかいので耐久性が無く、たとえ金色の銃があったとしても、それはスチールや合金をメッキしたものにすぎません。

鉛は比重が重く柔らかいので主に弾頭に使用されます。 銃やバレル(銃身)に使用される金属は、次のような条件が必要です。

  • 価格が安く入手しやすい
  • 加工が簡単である
  • 耐久性に優れている
  • 衝撃に強い
  • 折れにくい
  • 固さに優れている
  • 熱や摩損に対して耐久性がある

これらの条件を満たす金属として、次のようなものがあります。以下はその例です。

スチール合金バレルには米国ではSAE4140、欧州ではバナジウムやクロームモリブデン綱が好まれる。
ステンレス1930年代からバレルに使用された。416Rなどが好まれる。しかし、スチールより高価。
ニオブ(コルンビウム)ステンレスと似た性質だが、ステンレスより熱に強い。ステンレスより高価。
アルミニウム軽量でスチールとの合金は熱に強い。
チタンスチールと同等の強度を持ちながら、重さはスチールの半分。しかし高価。
カーボン・ファイバーステンレスのライナーを含むカーボン・ファイバー・バレルや他ストックに使用される。
ファイバーグラス近年バレルの補強用として使用されることが多い。安価で熱に強い。
MMC(メタル・マトリックス・コンポジット): セラミックやアルミなどと組み合わされる合金。新しく歴史が浅い。
スカンジウム軽量で硬度に優れるが高価。S&Wの高級リボルバーなどで使用されている。

 

 


 
 
 
 
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ