銃を携帯中は薬室に弾を装填する?しない?

faq_qキャリーガンについて質問があります。近年ではオートマチックをキャリーガンとして携帯する人が非常に多くなっていますが、たまに「オートをキャリーする時は薬室に弾を装填しない」という話を聞きます。

それは本当なのでしょうか? 理由は「薬室に弾を装填した状態で銃をホルスターに入れ日常生活を行うのは怖い」や「万が一のうっかりなどを考えると抵抗がある」といった事らしいですが、薬室に初弾が装填されていないとスライドを引かなければいけなくなりますから護身用キャリーガンとしてはハンディになりますし、そもそも今やほとんどの警察官は職務中はオートを携帯しています。(一般市民と警察官を比べるのは強引ですが…)正直、薬室に弾を装填しないのは防犯用・護身用のキャリーガンとしてあまり意味が無い様な気がするのですが、はたして本当なのでしょうか?

 

faq_a事実、ロード派とアンロード派があり、イザという場合のリスクと暴発のリスクを比較されます。

チャンバーに装填された状態での携帯は緊張感があるのは確かですが、現実は統計的に見て1秒を争うガンファイトが殆どなので、よってCCWインストラクターも「チャンバーに装填して携帯しなさい」と教えています。誤った操作で暴発するリスクは認めつつ、「携帯するからには使う覚悟を持て」といったフレーズはよく聞きます。アンロード派が想定するシチュエーションは、危機を予め察知したとき装填すれば良いといったものかもしれませんね。(現実はそれでは手遅れになりがち)

個人的には以前はアンロードの方が安心と考えていたこともあったのですが、今は「携帯する場合は装填がベスト」、「ホームディフェンス用はアンロード状態でも可」と考えています。本来、銃は常に装填されていると想定して扱うのが正しいので、そうして扱う癖がついていたら、装填されていても危険ではありませんね。

 

faq_q統計とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 

faq_aFBIが公開しているUCRをソースにしています。(毎年FBIがまとめる犯罪の統計詳細レポートです。)

http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/

 

これは殉職警官が射殺された際の犯人との距離です。70%近くのケースで3m以内で発砲されており、
こういったCQBで決着が付くのは10~15秒以内や20秒以内とも言われています。
物陰に隠れながら長時間撃ち合うといったケースは非常に稀です。
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-36

 

関連して、以下のソースが参考になります。
http://www.theppsc.org/Staff_Views/Aveni/OIS.pdf

http://www.pointshooting.com/sop9.htm

 

警官が死亡した際に使用された弾薬の種類
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-35

 

警官が死亡する際の自分の銃の使用有無
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-12

 

警官が死亡した原因となった銃の種類。圧倒的にハンドガンによるものです。
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/figures/figure-5-1

 

警官が死亡した際のボディーアーマー着用の有無
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-37

 

死亡した警官に命中した体の部位
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-38

 

ボディーアーマーを着用していて警官が死亡した際に使用された弾薬の種類
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-39

 

ボディーアーマーを着用していた警官のどこに命中して死亡に至ったか
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-40

 

ボディーアーマーを貫通して死亡に至った際の弾薬の種類
http://www.fbi.gov/about-us/cjis/ucr/leoka/2011/tables/table-41

 

以上のソースからどういった対策が必要かをある程度推測できるのではないかと思います。


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ