スコープ搭載ハンドガンは実用的?

faq_q拳銃にもスコープ類を付けられると聞きました。

この場合、スナイパーライフル等で狙撃を行った時に比べ、実戦においてはどの程度有効なのでしょうか?

faq_aハンドガンの一般的な有効射程距離は約50m以下ですが、スコープを装備することで有効射程距離を100m以上に延長することが可能です。

スコープやダットサイトを使用することは、ハンティングやアクション・シューティングなど競技射撃では一般的に行われており、命中精度の向上手段として非常に有効です。

スコープではありませんが、私自身、自分が所有する9mmピストルにダットサイトを載せて射撃していましたが、命中率は驚くほど格段に向上しました。光学機器は非常に有用です。

しかし、軍ではハンドガンにスコープやダットサイトを使用するのは有効とは言えません。この場合、ハンドガンはあくまで予備的な自衛用武器なので、スコープやダットサイトをハンドガンに装備するのは無用な重量増加となります。また、一般的な軍用ホルスターはスコープやダットサイトを装備したハンドガンを安全に収納できません。

Photo via us.glock.com
Photo via us.glock.com

 

 

faq_qまたオートマチック、リボルバーの二種類の拳銃で狙撃を行った場合、どちらが有用なのでしょうか?

faq_aどちらとも言えません。

一般的にオート・ピストルよりリボルバーの方が命中精度が高いとされています。これは、リボルバーのバレルが非可動式で固定されており、サイトはバレルに固定されているためです。そのため、スコープはオート・ピストルよりもリボルバーに使用され、標的射撃やハンティングに利用されます。

ですが、ピストルでもバレルが固定され、サイトがバレルに固定されていればリボルバーと同等の高い命中率を持ちますし、トリガープルやグリップのデザインなど様々な要素が命中率に影響します。

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ