FN P90はどんな銃ですか?

faq_qトイテックのP.90のモデルとなった実銃についての詳しい情報を知りたいのですが?

faq_aP90はFN社で生産されているコンパクトな次世代小型オートマチック火器(FN社は、「これはサブマシンガンではない」と言う)で、後方支援、主に通信兵、戦車兵、空挺部隊などが持つ銃です。射撃にはセミオート(単発)、フルオート(連発)が選択でき、小口径高速弾で連射時でもコントロールしやすい設計となっています。

Photo via military-today.com
Photo via military-today.com

 

モデルFN P90(プロジェクト90)
室内戦闘用FN P90LV
夜間戦闘用FN P90LIR
生産国ベルギー
生産社FN
口径5.7mm×28mm(SS90)
全長55cm
重量3.7kg
照準コリメーターサイト
発射速度毎分約900発
初速850m/秒
装弾数50+1発

 

P90を初めて目にした方で「これは本物?」と玩具かと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。これまでに無い不思議なデザインで驚かれてしまうのかもしれません。チャンバー(薬室)がトリガー(引き金)よりも後方に位置しているという、ブルパップ方式を採用しており、外装はストック代わりにもなっているプラスチックフレーム(撃発機構が組み込まれたメカボックスも全てプラスチック製)。さらに銃上部に銃と平行に置かれた半透明のマガジン(弾倉)は、文章で説明するのは難しい外観です。そして、風変わりなのは外観だけでなく、使用弾薬も5.7mm×28mm(SS190シリーズ)というピストル弾とライフル弾の中間に位置するサイズで、広く流通していない弾が使われていますが、それもそのはず、新規開発により生まれた新モデルなのです。

この弾薬はライフル弾の遠射性と、ハンドガンに使用される弾の低反動といった利点を狙ったものです。反動は、9mm弾の70%、5.56mmライフル弾の35%という反動の少なさ。射手にとって優しくコントロールしやすい弾だと言えます。しかし、軍用として弾が流通していないのは致命的で、前線での使用には効果も中途半端なものになっており、あくまで後方支援火器や対テロ用として開発されました。貫通性能は、100mの距離で防弾素材のケブラー繊維を48枚や、現米軍正式採用PASGTヘルメット、また、厚さ3.5mmのソフトスチールプレートを貫通する能力を持っています。

さて、これだけではあまり魅力を感じられないかもしれませんが、ここから少し利点について説明させて頂きます。まずは、デザイン。実物を見て頂けたらわかりますが、左右対称です。オートマチックの銃の多くは通常薬莢を銃側面から排出させるものですが、この銃は排莢口(エジェクトポート)がグリップ下方についているのです。つまり、周囲に薬莢をばらまく事無く、真下に落ち、隣の射手に熱せられた薬莢を当ててしまう心配がありません。そして、左右対称という事は、10人に1人いると言われている左利きの射手にも楽に扱えるのです。

次に、パーツ点数の少ないところが評価できます。バラバラにしても70個の部品しかないのはメンテナンス性が高い他、故障リスクを減らすことにもなります。大まかに分解するとフレーム、レシーバー、バレル、マガジン、撃発ユニットの5つで、簡単に分解する事が可能。そして、ブルパップ方式を採用しているところも評価でき、ブルパップは銃の全長のわりにバレル長をとれ、コンパクトでも良い命中精度が期待できます。

P90は民間に販売されていない為※、あまり知られていない銃ですが、現在では世界中の治安部隊で採用されており、米国ではSWATの一部で使用されたり、1997年のペルー日本大使館占拠事件では、突入部隊がP90を使用している場面がTVで報道され、注目を浴びました。また、オマーン、サウジアラビア、NATO諸国でも採用されはじめており、米軍が個人携帯のサブウエポンと将来的に交代を検討中とも言われています。P90にはオプション(フラッシュライトやスコープなど)も装着出来る為、今後もバリエーションを変えて活躍が期待されます。

※この記事は1999年12月に公開されました。現在では民間モデルのPS90が販売されています。

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ