銃携帯時のコンディション2は1より即応性が低い?

faq_q1911系ピストルの携帯方法について質問があります。

・コンディション2はやはりコンディション1に比べて即応性が低いのでしょうか?

・コックのみで携帯するのは危険でしょうか?

 

faq_a即応性はコンディション1の方が2より上です。ハンマーはコックされている方が即応性が高くなります。

安全装置解除状態でハンマーをコックのみで携帯(コンディション0)すると、相対的に暴発の危険性が高まりますが、撃つ瞬間までトリガーガード内に指を入れないルールが徹底されていれば問題ありません。これには日常的な訓練が必要となります。

 

コンディションとは何か?

コンディションとは、1970年代のアメリカで射撃教官として活躍したジェフ・クーパーによって考案された1911系ピストルを携帯する際の銃の状態を分類した条件です。

コンディション4が最も即応性が低くなりますが、同時に最も安全な状態といえます。

コンディション0は最も即応性が高くなりますが、いつでも射撃できる状態なので、訓練が十分でないと暴発の危険性が高くなります。

 薬室装填弾倉装填ハンマーセイフティ
コンディション4装填しない装填しないレストオフ
コンディション3装填しない装填レストオフ
コンディション2装填装填レストオフ
コンディション1装填装填コックオン
コンディション0装填装填コックオフ

 


 
 
 
 
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ