ベレッタのプルーフマークの意味とは?

faq_qベレッタUSA92FSの刻印なのですが、フレーム右側面のトリガーガード付近にはプルーフマーク等どのように打刻されているのでしょうか。

またミリタリーM9のトリガーガード付近は無刻印なのでしょうか?

faq_aベレッタ社が1995年にメリーランド州に工場を設立して以降、しばらくの期間、92FSのトリガーガードのプルーフマークはイタリアで製造されたフレームと同様のプルーフマークが存在しました。

しかし、ベレッタUSA現行モデルの92FSやM9のトリガーガードにプルーフマークは存在しません。フレーム右側に”WARNING: READ MANUAL BEFORE USE, RETRACT SLIDE TO SEE IF LOADED, FIRES WITHOUT MAGAZINE”と注意書きが打刻されているのみです。

イタリアで製造されたベレッタ製銃器全般についてですが、プルーフマークにはイラストの打刻と同時に製造年を表す刻印があるため、これらの組み合わせは製造年によって異なります。

以下はイタリアのベレッタ社のプルーフマークと、製造年別のアルファベットの組み合わせです。

星のマークは1950年以降使用され、それ以前は王冠マークを使用していました。

 

フレームに打刻されるプルーフマーク

(画像をクリックすると拡大されます。)

    beretta_proofmarkings_01Beretta Gardone Val Trompia(イタリアのブレーシャにあるベレッタ社の工場)でテストされた全ての銃に打刻。
beretta_proofmarkings_02ブラックパウダーを使用する銃に打刻。
beretta_proofmarkings_03スモークレス・パウダーを使用する銃に打刻。
PSFはイタリア語で”スモークレス・パウダー”を表す。
PSF (Polvere Senza Fumo)
PSFマークは1950年まで使用された。
beretta_proofmarkings_04スモークレス・パウダーを使用するハイパワーライフル/ショットガンに打刻。
beretta_proofmarkings_05特殊表面処理を施された銃に打刻。
*FINITOは英語でFinished, Endedと訳される。

Beretta Italy のマークと製造年

マークはフレームにて、□や半月型の枠の中に打刻されています。
1925年から1953年まではアラビア数字が使用されていました。
(1923年からのムッソリーニ政権下では1943年までローマ数字が使用されていた時期もあります。)

刻印製造年刻印製造年刻印製造年
11945X1954AA1975
21946XI1955AB1976
31947XII1956AC1977
41948XIII1957AD1978
51949XIV1958AE1979
61950XV1959AF1980
71951XVI1960AH1981
81952XVII1961AI1982
91953XVIII1962AL1983
XIX1963AM1984
XX1964AN1985
XXI1965AP1986
XXII1966AS1987
XXIII1967AT1988
XXIV1968AU1989
XXV1969AZ1990
XXVI1970BA1991
XX71971BB1992
XX81972BC1993
XX91973BD1994
XXX1974BF1995
BH1996
BI1997
BL1998
BM1999
BN2000
BP2001
BS2002
BT2003
BU2004
BZ2005
CA2006
CB2007

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ