コルト1911の人気があるのは.45口径神話の影響?

faq_qコルト1911ピストルについて質問があります

  • コルト1911ピストルは設計後100年がたった今でもDet-1といったアメリカ海兵隊特殊部隊やロサンゼルス市警SWATチームがクローンモデルを制式採用し使用しており、大変素晴らしい銃であるとは思いますが、ここまで使われ続ける理由は銃の性能というよりもアメリカが持つ「45口径神話」が大きいと思いますがどう思われますでしょうか? 現にドイツなど欧州では45口径を使用している軍や公的機関は自分が知る限り存在しませんし、アメリカ国内でも公的機関ではどちらかといえば40S&Wが普及しています。
  • 上記の質問と若干被りますが、SIGロッキングを使用していない昔ながらのティルトバレル式ショートリコイルに45口径、シングルアクションという組み合わせは本当に実戦的なのでしょうか? もし、この組み合わせが実際の「殺し合い」で有効ならばアメリカ国内のみならず世界中の軍隊がこの組み合わせの銃やガバメント(またはクローンモデル)を現在でも採用していると思うのですが。
  • 先日、ブローニングHPについての質問をした際にご教授頂きましたがまだ少し腑に落ちない点があります(ポルさんの説明が悪いという訳ではありません)。それは「銃を撃たなければならない」という極限の精神状況下でマニュアルセイフティーを外すという「一手間」をする余裕があるのか?という事です。いわゆる銃撃戦に突入する時にセーフティを外す余裕やそんな動作をしている時間なんて存在するのか? という疑問がどうしても拭えません。多くの軍や公的機関が使用している銃もDA/SAやグロックのようなタイプですし。いざという時は「引き金を引くだけでOK」の方が圧倒的に有利な気がします。

 

faq_a

>45口径神話

アメリカ人にとって.45口径には西部開拓時代から文化的にも特別な思い入れがありますから、人気があるのは理解できます。ヨーロッパで未だ現役なのはギリシャ軍ぐらいでしょうか・・・他にもあるかもしれませんが。

1911が好まれる主な理由は「歴史的背景」の影響が大きいところですが、それと同時に銃としての信頼性と射撃性能にあると思います。頑丈で汚れに強く、トリガーやセイフティ、マガジンキャッチに至るまで全てにおいて確実に動作するというのは強みではないでしょうか。環境に左右されずに作動し命中精度が高いのは、.45口径の潜在的パフォーマンス以上に価値があるかもしれません。

またグリップのフィーリングも良いですからね。もちろん.40S&Wの1911もポピュラーですが、シングルスタックの9mmや.40S&Wはなんだかもったいない気がします。

 

>本当に実戦的なのでしょうか?

シングルアクションが時代遅れなのは否めません。ティルトバレル、ショートリコイルといった使い尽くされた内部機構はバトルプルーフされているので、実戦的かと問われたら其の通りだと思います。質問の意図を間違っていたらすみません。

 

>セーフティを外す余裕やそんな動作をしている時間なんて存在するのか?

セイフティ解除はホルスターから銃が抜かれてマズルがターゲットに向くまでの流れの中で行われるので、セイフティ解除に追加の時間が必要になること自体、問題ありといえます。その問題は単にトレーニング不足なのか、セイフティのデザイン上の問題なのか、別の不具合が問題なのか、問題点を把握して要改善だと思います。

1911の場合、ホルスターの銃に手を掛けグリップした時点で親指がサムセイフティに掛かり、マズルがホルスターから抜けて前方方向へ角度が付いた時点でセイフティ解除されるのが理想です。その理由は、射線上に自分の身体が無いことと、ターゲットの距離が近い場合は腰の位置で撃つ必要があるためです。(射撃競技では、シューターによっては銃を前へ突き出す寸前に解除することもあります)

その後、セイフティに掛けた親指はそのままセイフティの上に掛けたまま撃つか、または滑らせてセイフティの下に置くかは個人の自由です。米国の警察が発行するトレーニングマニュアルの多くには、サムセイフティに親指を掛ける撃ち方を推奨していることが多いのですが、これはジェフ・クーパーの影響かもしれません。

この方法だとグリップセイフティが掛かるかもしれないという懸念があったり、逆に通常のグリップでもうっかりセイフティオンになるのでは?という不安が聞こえますが、私自身ン千発1911を撃っていますが、両者のケース共にそういった不具合を経験したことがありません。どちらの方法もOKだと思います。

 

>いざという時は「引き金を引くだけでOK」の方が圧倒的に有利な気がします。

同感です。ただ、安全に対する考え方は議論の余地があるかもしれませんね。1911をキャリーする人の中には、コック&ロックではなく、コックのみという人もいるそうなので。

当時警察の多くがSIGやGLOCKを好んで採用した理由の一つが、マニュアルセイフティを持たない点でした。リボルバーを使用していた警官にとっては、外部セイフティの扱い方を新たに覚えるより、スムーズに馴染めるという理由があったようです。

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ