ペーパー・パッチングとは何ですか?

faq_q小説「極大射程」で出てきたペーパーパッチング(弾丸を紙やプラスチックで包んで装填する)について教えて下さい。

Photo via svartkrutt.net
Photo via svartkrutt.net

 

faq_a弾を紙で包む「ペーパー・パッチング」は、1800年代後期からポピュラーとなり、発射ガスの無駄を削減し、命中精度を向上させるために行われました。

参考画像

初期のカートリッジは弾頭と装薬を紙で包んだ構造でしたが、金属カートリッジが発明された以後も、弾を紙で包むことでレッディング(ライフリングの溝が鉛カスで埋まる状態)を防止し、何発も撃ったあとでもバレル内の汚れを最小限に抑えて命中精度の低下を防ぐ目的で利用されました。現代の弾頭は銅で鉛を覆うことで問題を解決していますが、ペーパー・パッチングは愛好家の間で現在も広く楽しまれているジャンルの一つです。

ペーパー・パッチングで使用される弾は、鉛100%のキャスティング・ブレットを使用しますが、個人で弾を製造する人はペーパー・パッチング専用のモールド(弾丸製造金型)を使用します。

ペーパー・パッチングの方法は次の通り。

  1. 水で湿らせた短冊状の紙(乾燥した紙でもOK)で弾頭の周囲を2巻きほどする。
  2. 底部の余った紙の部分をネジって切り落とし弾頭を完成させます。
  3. その後、完成した弾頭と装薬の間にワッドをかませてローダーでカートリッジに挿入されます。

ペーパー・パッチングされた弾は、銃口を飛び出た瞬間に紙が裂けて弾頭から分離されます。弾頭に紙がくっついたままだと命中精度に影響するため、出来るだけ早く紙が分離されるのが望ましいのです。

発射された弾頭表面には通常より薄いものの、通常はライフル・マークが残るため、犯罪に使用しやすいということはありません。


 
 
 
 
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ