テフロンコーティングされたKTW弾とは何ですか?

faq_q依然から気になっていたのですが、弾丸をテフロン加工するメリットとはなんでしょう? 某映画でも あるシーンで登場しました、防弾チョッキを貫通していた様です(ケブラ-製?) 貫通力アップが目的なのでしょうか?、また どうゆう場合に使用されるのでしょうか?

 

faq_qコップキラーと呼ばれたKTW弾の誕生の背景から姿を消す過程までを教えてください。

 



faq_a共通する内容なので、まとめて回答します。

テフロン加工された弾は着弾時の変形を防止し、より高い貫通力を持ちます。テフロン加工弾頭で有名なKTW弾はアメリカで大きく報道され、これを巡って論争になったことがあります。

KTW弾は貫通力の高いピストル弾です。真鍮または銅製の弾頭をテフロン・コーティングした構造となっており、コーン型の形状が特徴です。

Photo via gunauction.com
Photo via gunauction.com

KTWとは3人の開発者(Paul J. Kopsch/Dan Turcus/Don Ward)の頭文字を取って、KTWと名付けられたもので、 本来、警察など公的機関向けとして1960年代に開発が始まり、自動車のボディーを貫通させる目的で誕生した徹甲弾の一つでした。3人は1968年にKTW社を起業し、1980年からNAOC(ノースアメリカン・オードナンス社)と契約し共同で製造と販売を開始しています。 KTWはボディー・アーマーを貫通する能力があることは知られていましたが、1982年1月にNBC TV局が”コップ・キラー弾(警官殺し弾)”として大々的に報道し、一般にも知られ社会問題化しました。

しかしながら、KTWは警察向けに販売するというポリシーは一貫しており、民間市場に流れたものの数は多くなく、製造中止後の現在ではコレクターズ・アイテムとなっています。また、”コップ・キラー”と呼ばれたものの、警官がこの弾で撃たれたという事例は一度もありませんでした。 騒動となったKTWの影響でいくつかの州で弾頭にテフロン・コーティングを施した弾の製造と販売が禁止されましたが、法律施行前から所持していた場合は、そのまま所持が可能です。

そして、1982年から4年間の議論が続き、1986年に議会で規制法が承認され連邦法で禁止されました。規制法の内容は、「公的機関や軍を除き、ハンドガンに使用される弾頭のコアに、タングステン合金、スチール、鉄、真鍮、銅合金、ベリリウム、銅、劣化ウランを使用してはならない」といったものです。これにより、銅合金をテフロンコーティングしたKTWは市場から姿を消すこととなりました。

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)