粉末を固めたフランジブル弾とは?

faq_q昔、テレビ番組で(多分『世界丸見え』だと思うけど)最新兵器特集か何かをやっていた時に見たんですが、そこで紹介された開発中の銃弾で、鉄粉を圧力で固めて貫通力ゼロの衝撃だけっていう銃弾があったんですけど、銃弾の名前知っていませんか?

faq_a金属粉末を固めて成型した弾はフランジブル弾と呼ばれます。
※フランジブル(Frangible)とは「もろい」、「壊れやすい」という意味。

例えば、 DFA (Delta Frangible Ammunition)と呼ばれる弾。この弾は1992年に開発されたデルタ社の製品で、一般向けではなく警察などの公用(訓練用)として開発された経緯があります。鉛を含まない金属粉(タングステンや銅粉)を高圧で固めたものにナイロンコーティングが施されており、目標に命中すると粉末状に砕けるため、跳弾や貫通弾による危険がありません。

そしてシンターファイア(Sinterfire)社製のフランジブル弾「リュデュースド・ハザード」は、銅やスズの粉末を焼いて固めた弾薬です。鉛を使用していないため屋内射撃場で使用しても鉛の粒子が空気中を漂うことがなく、健康面や環境面で安全性の高い弾薬です。着弾時に破片が飛ばないため、練習用に適しています。

 

シンターファイア .40S&W Photo via ammunitiontogo.com
シンターファイア .40S&W Photo via ammunitiontogo.com

 

フランジブル弾は一般的なホローポイント弾と比較するとストッピングパワー(相手を行動不能にする力)や貫通力に劣ります。そのため対人用としては推奨されません。

しかし、跳弾や周囲の物を破壊する心配が少ないことから、飛行機の機内や近距離戦闘(CQB)トレーニングなど特殊な環境では効果的な弾薬です。

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ