.30カービン弾とはどんな弾ですか?

faq_qAUTOMAGⅢの「30カービン弾」とはどのような物ですか?

 

Photo via midwayusa.com
Photo via midwayusa.com

 



 

faq_aオートマグIIIで使用される.30カービン弾は、1941年にM1カービン・ライフル用に開発され米軍に制式採用された弾薬です。当時、米軍はマシンガン手や迫撃砲手が装備するライフルとして、M1ガーランドやトンプソンSMGより軽量かつ.45ACPより強力なライフルを必要としていました。軍は1938年に新型ライフルの開発を一旦要求しましたが、却下されます。しかし1940年に再要求され開発が始まり、ライフルの開発と同時に新弾薬.30カービンがウィンチェスター社によって生み出されます。開発に至っては計25社の民間企業に依頼し、最終的にウィンチェスター社が提出した弾薬が採用されました。

.30カービンは1906年に登場した.32ウィチェスター弾を元に改良を加えたもので、1941年に軍に制式採用され、1963年から民間市場にも流通を始めました。

.30カービンは現在でも小獣ハンティング用やターゲット・シューティング用途に利用される弾薬です。口径は30口径(7.62mm)、重量110グレインの弾頭の場合、銃口初速は1975フィート/秒、発生するエナジーは955ft-lbsです。

弾頭重量 gr銃口初速 ft/sエナジー ft/lbs
.45ACP230850370
.30カービン1101975955
5.56mm M8556231001325

 

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)