ブラックラグーン第6巻

20070204blacklagoon6a
日本からコミック「ブラックラグーン」の第6巻が到着。
相変わらず撃ちまくりで良いですね〜。ストーリーや展開が、以前趣味で書いていた小説の内容と似ていたので、思考回路は広江氏と似ているのでは?と思ったり・・・(失礼!)。
英会話を日本語に直訳したかのような台詞回しは、この作品の一つの特徴だと思います。作品中の”シアーズ”、”オプラフィンフリーショウ”、”NYPDブルー”といったアメリカ人で知らない人は居ないような名は、日本ではどれぐらいの知名度なんだろう?と気になってしまいました。
それにしても、ラストで新キャラのメイドさんが南アのショットガン、”MAG-7”を持ち出すなんて意外でした。マニアックなチョイスですね。しかし、装弾数5+1のショットガンで多勢を前に撃ち合うのは、腕が無ければ厳しそうです。両手撃ちなのでマグチェンジは難しく、となれば2丁あわせて最高12発以内の発砲で戦いを終わらせる必要がある。One shot one killでも相手が13人以上ならアウト。そして何より、どうやってポンプしているのか・・・考え始めると気になってしょうがない。次回の展開が楽しみです。

 

20070204nihongo
コミックと一緒に、こんな本も注文しました。「美しい日本語の書き方話し方」!!
英語が苦手な私は日本語も苦手です。自慢ではありませんが、敬語なんて何年も使っていません!(笑)。アメリカで日本語を使う機会は、日本人の彼女との会話だけという状態です。これから先、帰国してからが色々と不安なので、一般常識や日本語の使い方も勉強していきたいと思ってます。


 
 
 
 
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ